飯能老年病センタートップへ 飯能老年病センター
お問合せ
スタッフ日記

東京マラソン2009の最近のブログ記事

東京マラソン2009完走記(その13)の続きです。

-42.195kmのその先にあったもの-

東京マラソンのゴール直後の感想は、「やれやれ、やっと終わった」というものであり、期待していた感動や涙、「自分で自分をほめてあげたい」的な強い感情はありませんでした。

東京マラソン2009完走記(その12)の続きです。

ビッグサイトが見えてきました。トボトボ走ると、右側に観客席、左側に太鼓や踊りの応援団というフィニッシュ・ロードになりました。

東京マラソン2009完走記(その11)の続きです。

40Km地点の救護所で山川さんに会えました。特に具合の悪い人はいなさそうで沿道で声援を送っていました。

東京マラソン2009完走記(その10)の続きです。

入船橋の交差点を右折すると風が強くなってきました。空はどんよりとした曇り空、午後1時半だというのに夕方のように暗いです。

東京マラソン2009完走記(その9)の続きです。

 銀座通りを銀座4丁目交差点目指して走ります。「このへんがゴールだとちょうどいいのに」と思い始めました。

東京マラソン2009完走記(その8)からの続きです。

25kmを過ぎ、東日本橋に近づきます。このあたりで家族が応援しているはずです。

東京マラソン2009完走記(その7)からの続きです。

雨の中を銀座4丁目の交差点に向かいます。コース上の最大のクライマックスなのですが、天気が今一つなので気持ちはあまり盛り上がりません。

東京マラソン2009完走記(その6)からの続きです。

10Kmランナーと別れを告げるとコースは日比谷通りに入っていきます。沿道は応援の人たちでいっぱいです。

東京マラソン完走記(その5)からの続きです。

無理のないペースで慎重に走ります。コースの道幅は広いのですが、何しろ人数が多いので走りにくいです。

東京マラソン2009完走記(その4)からの続きです。

スタート時の天候は曇り、気温12度。少し風があり肌寒く感じます。号砲が鳴っても列は動きません。

東京マラソン2009完走記(その3)からの続きです。

朝は5時に起きて、6時には朝食を開始して、9時スタートのマラソン大会当日の過ごし方としては万全の状態で朝の時を刻んでいきます。

東京マラソン2009完走記(その2)からの続きです。

2008年12月の小川和紙マラソンのハーフマラソン(21Km)を1時間55分でゴールし、2009年2月の青梅マラソン(30Km)を3時間21分というタイムで余裕を持ってゴールできたことで、フルマラソンへの道が見えてきました。

東京マラソン2009完走記(その1)はこちらからどうぞ。

走り始めたばかりの初心者なので、今年度の目標は2009年2月の「青梅マラソン」にしていました。30Kmの大会です。

マラソン大会翌日になれば、「色々あったけど楽しかった」と思えるところがマラソンの魅力なのでしょうか。フルマラソンへの挑戦はケガもなく無事に終了しました。

老年病センター電話番号お見舞いメール 病院へのアクセス

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500