飯能老年病センタートップへ 飯能老年病センター
お問合せ
スタッフ日記

青梅マラソン2013の最近のブログ記事

ゴール

 「あと1Kmか」と思ったところで、「まもなく午後2時15分になります。午後2時15分から・・・。」という放送が聞こえました。2時間45分以内の目標は達成できないことが分かりました。それでも1分1秒でも速くゴールしようと思って走ります。

当初の目標再び

 二俣尾の駅前までたどり着きました。ここからまた下り坂になります。やれやれ。明白院の前を走ります。お寺の前のいつもは咲いている大きな2本のしだれ梅は、今年はまだ蕾で咲いていませんでした。今年は寒かったから春の訪れが遅いのでしょうか。

復路・左臀部の痛みなし

 あと半分の距離となった地点で、左の梨状筋、中臀筋の痛みも感じないので少しペースを上げます。下り坂なので楽なフォームで重力に逆らわないように走ると自然にスピードが上がってきます。

往路・柏原竜二選手とすれ違う

 日が射して暖かくなってくると、気持ちに少しゆとりが出てきました。早春の青梅路は風情があります。今年は早咲きの梅がようやく咲き始めていました。御岳山に続く山々にまだ白い雪が残っていました。

往路・熱烈応援

 午前11時30分、スタートです。周囲のランナーと同じペースで走り始めます。焦って前のランナーを追い越そうとすると接触して転倒する危険があります。

スタート

 今年の青梅マラソンに飯能老年病センターの職員三名が出場しましたので、ご報告いたします。
 私は今年の東京マラソンは落選してしまったので、東京マラソン(2013年2月24日)から1週間前(2013年2月17日)に開催された青梅マラソンに2年ぶりに参加しました。

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500