飯能老年病センタートップへ 飯能老年病センター
お問合せ
スタッフ日記

東京マラソン2012 その10

2011年11月21日(月)

昨日11月20日 (日) に

今期 第2戦 「上尾シティハーフマラソン大会」 に参加してきました。

東京マラソン2012 その10 競技場.JPG

ハーフマラソンで記録は1時間59分でした。

この大会は埼玉県上尾市で行われます。

上尾運動公園陸上競技場がスタート・フィニッシュなので色々便利で、

コースはフラットなのでいいタイムが出やすい大会です。

東京マラソン2012 その10 競技場内.JPG

去年の記録が2時間2分だったので、

フォームの修正が少し身についてきて、

少し楽に走れるようになってきたようです。

 

さて、質問が多かった 「しりばしり」 についてです。

 「ネットで検索しても出てこなかった」 そうですが、

 「しりばしり」 は私が造った言葉なので出てこないでしょう。

要するに 「尻で走る」 ということです。

長距離ランニングの基本なのですが、

これも多くの市民ランナーが教えられていないし、

できていないことです。

 

ランニングの推進力は脚が着地した時に地面から受ける反作用の力のみです。

この反作用の力をできるだけ効率的に長時間得るためのフォームが「しりばしり」です。

着地の直前に大臀筋を収縮させます。

着地の瞬間に大臀筋とハムストリングスでしっかり地面を押します。

大臀筋とハムストリングスは股関節を伸展させる筋肉群です。

しっかり地面を押すと体がのけぞるようになりますが、

そこを腹筋やインナーマッスルで持ちこたえてフォームが崩れないようにします。

地面を押すのは一瞬で、

接地時間を長くして脚が後ろに流れることは避けなければいけません。

 

柔らかいゴムボールと硬いスーパーボールを同じ高さから落とすと

スーパーボールの方がよく弾みます。

イメージとしては、

大臀筋を着地の直前にゴムボールのように柔らかくするのではなく

スーパーボールのように硬くすることが「しりばしり」で走るコツです。

医局Y.M

東京マラソン2012完走記 その1はこちら

東京マラソン2012 その1 はこちらから
東京マラソン2009完走記 はこちらから
東京マラソン2010道のり はこちらから
東京マラソン2010完走記 はこちらから

_

トラックバック(0)

http://www.h-g-c.jp/blog/2011/11/201210/trackback/

コメント(0)

コメントする

*
*

老年病センター電話番号お見舞いメール 病院へのアクセス

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500