飯能老年病センタートップへ 飯能老年病センター
お問合せ
スタッフ日記

東京マラソン2012 その3

2011年09月01日(木)

東京マラソン2012 その2の続きです。

 引き続き、「スント」の心拍計を付けてほぼ毎日走っています。8月の月間走行距離は175kmと、私にしては上出来でした。心拍計の購入は、サッカーの松田直樹選手の件もあり、安全に運動をするために購入しました。

 心拍数が上がり過ぎると心臓への負担が増し、運動中の心臓のトラブルの可能性が高くなります。

 この夏、心拍計を付けて走りましたが、やはり気温が高い日はいつものスピードで走っていても心拍数は高くなりました。松田直樹選手が倒れたのも8月2日の暑い日でした。

 私にとって初マラソンとなった「東京マラソン2009」では、タレントの松村邦洋さんが心臓のトラブルで倒れました。当時の東京マラソンは、2月ではなく3月に開催していました。開催日である2009年3月22日、スタート時は曇りでしたが、スタートから1時間たつと日が射して暑くなってきました。私はインナーウエアーを含めて半袖を2枚着ていましたが、かなり暑くなり、汗ばんできてウェア選択を間違ったと思いながら走っていました。この時間帯に松村邦洋さんは倒れてしまいました。

 一方、後半の湾岸ロードは冷たい向かい風が吹き、体感気温は一気に下がりました。松村邦洋さんは東京マラソンの前、冬のオーストラリアで行われる「ゴールドコーストマラソン」を完走したそうですが、涼しい大会を走った時と同じ感覚・スピードで暑い大会を走ると、当然、心拍数は危険値まで上がってしまいます。

 健康のために続けている運動なので、運動中の心臓トラブルや交通事故、雷に打たれるなどといった事故には気を付けたいですね。

医局Y.M

東京マラソン2012完走記 その1はこちら

東京マラソン2009完走記 はこちらから

東京マラソン2010道のり はこちらから

東京マラソン2010完走記 はこちらから 

_

トラックバック(0)

http://www.h-g-c.jp/blog/2011/09/20123/trackback/

コメント(0)

コメントする

*
*

老年病センター電話番号お見舞いメール 病院へのアクセス

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500