飯能老年病センタートップへ 飯能老年病センター
お問合せ
スタッフ日記

東京マラソン2010完走記(その10) の続きです。

40Kmのチェックポイントです。この5Kmのラップは36分57秒でした。

スタートから30Kmまでは5Kmを37分以上かかっていましたから、頑張った感じです。しかし脚の筋肉はかなり硬くなり、特に左大腿の外側は痛みも感じます。「マラソンは30Kmから」というランナー格言がありますが、ちょっと今年は30Kmまでをセーブし過ぎたようです。すでにスタートから5時間を越えてしまいました。1分1秒でも早くゴールしようと頑張って走ります。ゆるやかな上り坂になり、左手の遠くにゆりかもめの高架下を小さくランナーが走る風景になります。ここで去年は脚が止まってしまった地点です。コースの脇で、下肢の屈伸やストレッチをしている人が多くなります。歩く人をすり抜けながら前へ前へと進みます。豊洲からぐるっと遠回りしたゆりかもめに合流し、今度はゆりかもめの高架下を走ります。記念写真を撮るカメラマンが多くなりました。脚がつらない程度でできるだけ速く走るように頑張っていて脚はいっぱいいっぱいなのですが、呼吸や気持ちは余裕があるので、カメラの前でポーズをとって先に進みます。

東京マラソン9.jpg

<無理に笑顔を作っている感じ・・、疲れてますから>

 

 

医局 Y・M

東京マラソン2010完走記(その12) に続きます。

 

東京マラソン2009完走記(その1)

東京マラソン2010(その1)

青梅マラソン2009完走記(その1)

_

トラックバック(0)

http://www.h-g-c.jp/blog/2010/04/20101140km/trackback/

コメント(0)

コメントする

*
*

老年病センター電話番号お見舞いメール 病院へのアクセス

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500