飯能老年病センタートップへ 飯能老年病センター
お問合せ
スタッフ日記

東京マラソン2010完走記(その3) の続きです。

走り始めるとすぐに右足首の異和感を感じます。寒さのために腱鞘が硬くなっているのでしょうか。

ゆっくり走るので、次々に後ろの人に抜かされます。さらに走ると今度は左ふくらはぎに痛みを感じます。この部分は整骨院のマーサージで筋肉疲労の蓄積を指摘されていた部分です。雨は容赦なく正面から吹きつけます。やむ気配は全くなく、少しみぞれまじりになってきました。東京マラソンの初めの10Kmは緩やかな下り坂になっています。自然な感じで少しペースが上がるはずなのですが、体全体が重い感じでペースは全く上がりません。水たまりに足を入れてしまいました。シューズに水がしみ込み足が冷たくなります。テンションが下がります。深い水たまりに入らないように、下を見てコースを選んで走ります。

新宿駅の大ガードをくぐります。ここから道幅が広くなり、走りやすくなります。右手に去年トイレを貸してもらい、お世話になったファミリーマートが見えてきました。横を通り過ぎると、店内にはトイレ待ちをしているランナーの行列がありました。去年は2人トイレの前に並んでいましたが、今年は10人位はいるようでした。今年は気温が低いので、トイレに行く人も多いのでしょうね。スタート前にトイレに入っていて良かったと思うと同時に少しトイレに行きたいような気分にもなりました。去年はスタートから沿道には切れ目なく応援の人がいたのですが、今年は切れ目がありまばらです。こんなに寒く、雨の降る中で傘をさして応援する人はさすがに少ないのでしょう。逆に応援に来てくれている人には感謝です。寒いのでポンチョの中に両手を入れてテルテル坊主状態で走ります。飯田橋の駅前を通って皇居に向かいます。竹橋から見慣れた皇居の周回コースに入ります。相変わらず雨です。小降りになる気配もありません。日比谷公園が近付くと10Kmランナーは道路の右側を走るように指示されます。フルマラソンは道路の左側を走ります。フルマラソンのゴールはまだまだ先です。

東京マラソン2.jpg

<新宿駅の大ガードをくぐり、靖国通りを走る>

医局 Y・M

東京マラソン2010完走記(その5) に続きます。

 

東京マラソン2009完走記(その1)

東京マラソン2010(その1)

青梅マラソン2009完走記(その1)

_

トラックバック(0)

http://www.h-g-c.jp/blog/2010/03/2010410km/trackback/

コメント(0)

コメントする

*
*

老年病センター電話番号お見舞いメール 病院へのアクセス

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500