飯能老年病センタートップへ 飯能老年病センター
お問合せ
スタッフ日記

 東京マラソン2009完走記(その8) からの続きです。

 25kmを過ぎ、東日本橋に近づきます。このあたりで家族が応援しているはずです。

   黒字に黄色の文字の幟(のぼり)が見えてきました。ちょっとジーンとしてきました。マイルドの佐藤店長、杉本夫妻、浜ちゃん、妻、母がいました。「余裕、余裕」などと話して、オレンジジュースをちょっと飲んで、また走り始めました。

 Tシャツの後ろに「水道橋博士」と書いた人が見えてきました。「芸能人?」と思って追い越してから振り返ると、浅草キッドの水道橋博士でした。苦しそうな表情をしていたので、「博士頑張れ!」と声をかけて、さらに走ります。浅草には思ったより早く到着しました。銀座に負けずに応援がすごいです。人形町あたりでは、人形焼きを配っていると聞いていたのですが、すでになくなっているようで、人形焼きにはありつけませんでした。

  東京マラソン6浅草雷門前では、太鼓と大観衆の出迎えを受けました。東日本橋から雷門までは結構近かったです。ここで折り返し、再び銀座を目指します。途中、「給食」コーナーがあって、バナナやアンパンを配っていましたが、私は30Km地点で家族から食べ物とスペシャルドリンクをもらう予定なので、食べずに通り過ぎます。今日は、おにぎりにアンパン、チョコパン、クリームパンなど色々買い込んできています。「アンパンよりもクリームパンって感じかな」などと考えながら走ります。30Km地点「ヘアサロン マイルド」の店の前に再び黒字に黄色の文字の幟(のぼり)が見えてきました。

   東京マラソン7ところが・・・。

 幟(のぼり)の下に人がいない・・・。

 ちょっと足が重くなり、ペースが落ちていたので、コースアウトして、店に顔を出す時間的余裕もないので、誰もいない「村田先生 頑張れ」の幟(のぼり)の前を通り過ぎます。雨はやんできましたが、気温が下がってきました。

 東京マラソン完走記(その10) に続きます。

 東京マラソン完走記(その1) はこちらから。

医局 Y・M

_

トラックバック(0)

http://www.h-g-c.jp/blog/2009/11/200925km30km/trackback/

コメント(0)

コメントする

*
*

老年病センター電話番号お見舞いメール 病院へのアクセス

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500