飯能老年病センタートップへ 飯能老年病センター
お問合せ
スタッフ日記

 東京マラソン完走記(その5) からの続きです。

 無理のないペースで慎重に走ります。コースの道幅は広いのですが、何しろ人数が多いので走りにくいです。

東京マラソン2 前の人とぶつかりそうになって急にペースダウンしたり、前がつまってペースが遅くなってしまうために、すいているところを目指して斜めに走ったり、結構大変です。新宿駅を過ぎたところでファミリーマートに駆け込むランナーがいました。おそらくトイレだろうと思って、私も後についてファミリーマートに駆け込みました。2人トイレの前に並んでいましたが、比較的短時間で小用をすませることができました。再びコースにもどると先ほどよりは渋滞が解消し、走りやすくなっていました。なだらかな下りを無理のないペースで走っていきます。飯田橋の駅前を通って皇居に向かいます。竹橋から見慣れた皇居の周回コースに入ります。この辺りから天気が回復し雲の合間から日差しが出てきました。半袖でも少々汗ばむ陽気です。半袖にして良かったと思うと同時に、帽子をかぶってくれば良かったと少々後悔しました。

 このあたりで10Km参加の選手のうち10Km走ることが限界のランナーたちと遭遇しました。10Kmはフルマラソンより先にスタートしていますから、本来なら遭遇するはずはないのですが、遭遇してしまいました。彼らは道のまんなかで急に立ち止まって、柔軟体操を始めます。ぶつかりそうになって私も急停止したところ、左の腸脛靭帯がピシッと音を立てました。オイオイどうしてくれるんだ。左膝痛が出たらリタイヤだぞ。ちょっとムッとします。

 東京マラソン2009完走記(その7) に続きます。

 東京マラソン2009完走記(その1) はこちらから。

 

 

医局 Y・M

_

トラックバック(0)

http://www.h-g-c.jp/blog/2009/10/200910km/trackback/

コメント(0)

コメントする

*
*

老年病センター電話番号お見舞いメール 病院へのアクセス

認知症・内科合併症・透析治療の病院|飯能老年病センター 透析治療を必要とする認知症患者様の受け入れが可能です
〒357-0016 埼玉県飯能市下加治147 TEL:042-974-2500